prototype and manufacturing.

製作例1

PIC16F648A専用プログラマ「PRG-648A」

きっかけ

お客様より実装業務をお受けした際に、ICの書込み、実装基板の通電検査、及び製品梱包も合わせて引き受けました。
しかしICの書込み作業が、パソコンを用いた煩雑な作業であったため、スタンドアロン書込み器を開発することにしました。
これにより、書込み作業工程にかかる時間が1/3以下になりました。

仕様

電源 : +5V単一電源
対象マイコン : microchip社 PIC 16F648A
内蔵メモリ : EEPROM 1Mbit(書き込みデータ保存用)
接続確認 : 通信時デバイスIDによる検査
書込み速度 : 容量に依存(ROM内容10%程度で2秒程度)
Configurationビット書き込み機能 : あり
ベリファイ機能 : あり

特徴

一度書き込むデータを読込んでおけば、対象のPICを用意するだけですぐに複数個書き込みを行えます。
また、用途を絞ったため製作費用を一般的な書き込み器(ギャングライタ)に比べて半分以下に抑えることができました。

ページ内を検索

Copyright © 株式会社クレイン電子 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.