概要

Airio-Base(えありお・べーす)は、Arduino互換形状のNXP LPC11U35マイコンボードです。(Arduino互換機ではありません)

  

仕様

本製品には以下の特徴があります。

  • NXPセミコンダクターズ社のLPC11U35を搭載
  • arm Mbed(Mbed 2 classic対応)を利用した開発が可能
    • 利用にはあらかじめユーザー登録が必要です。詳しくはこちら(外部リンク)を参考にしてください。
  • デバッグ用SWDポートを用意(オプション)
  • SPI接続されたSDメモリ用カードスロット
  • GPIOに接続された2つのLED、2つのスイッチ
  • Arduino用シールド基板が搭載可能な3.3V IOポート
  • I2C(3.3V IO)対応のGroveコネクタを搭載

マイコンとSPI接続されたSDメモリ用カードスロットは、東芝メモリ株式会社の無線LAN搭載SDカード「FlashAir™」との接続を容易にし、様々な開発を行うことができます。また、Arduino®フォームファクタは、Arduino®用シールド基板を接続・動作させることが出来ます。

Airio-Base_sch回路図[PDF]

Airio-Base_シルク図[PDF]

Airio-Base 3DSTEPファイル[ZIP]

ピンアサイン

内容物

  • Airio-Base基板本体 x 1台
  • 製品URLカード(QRコード)
  • ピンソケット貼り付け用「ピンアサインシール」x 1セット

使用例・サンプルコード

  1. Airio-Base_Init – 工場出荷時プログラム【Mbed】
  2. Airio-Base_led_sw_test – SW押下でLED点灯のテスト【Mbed】
  3. Airio-Base_SD_power_test – SDカードソケット電源のON/OFF制御テスト【Mbed】
  4. Airio-Base_SD_detect_power – SDカード検出と電源のON/OFF制御テスト【Mbed】
  5. Airio-Base_Grove_6Axis – 6軸センサデータ取得とSDカードへの記録【Mbed】
  6. Airio-Base_pwm_test – PWMポート出力で、圧電ブザーを鳴らす【Mbed】
  7. Airio-Base_MSD_test – Airio-BaseをSDカードリーダーライタにする【Mbed】
  8. AS-289R2プリンターシールド サンプルコード【ナダ電子株式会社様】

FlashAir Developers Summit ハンズオン@大阪 2018年度 提供コード

  1. FlashAir_iSDIO_16seg_ADT7410_step1 – iSDIO不使用【Mbed】
  2. FlashAir_iSDIO_16seg_ADT7410 – iSDIO使用【Mbed】
  3. Mbedボードをシリアルポートデバイスとして使用する場合のドライバ(Windows)【Mbed】

Tips

  1. Airio-Base チュートリアル(MbedでLチカ)【Youtube】(Macでの書き込みは下記も参照)
  2. Airio-Base にMacから書き込む【Mbed notebook:Toyomasa Watarai様】(Mac)
  3. Airio-Base でprintfを使用する【Mbed notebook:Toyomasa Watarai様】

ツール等のご紹介

販売

付記

記載されているArduino、FlashAir、arm Mbed等は、各社の登録商標または商標です。