概要

本製品は、ソニーセミコンダクタソリューションズ社製 Spresense™ボードに有線ネットワーク(Ethernet)を接続するための拡張ボードです。
公式サイトの紹介ページ

本製品は、当社がOEM供給を行うFinisterra Etherブランド製品です。

仕様

  • 電源電圧:3.3V
  • IO電圧:3.3VIO(レベルコンバータにて1.8VIOから変換接続されています)
  • Ethernet:10M/100M RJ-45コネクタ
  • 制御:SPI制御
  • EEPROM:MACアドレス書込み済、24C64を搭載。1.8VIO I2C接続、アドレス0x57(1010111) (Rev.2のみ)
  • ジャンパ設定:SJ1:1-2、SJ2:2-3、SJ3:1-2 (2021年8月以降出荷分から統一)
  • MACアドレス
    1台につき、1ノード付与しています。
    Rev.1は本製品にMACアドレスを保持する機能がありません。ご利用のSpresenseのプログラム内での利用や、別途EEPROMなどを設ける必要があります。
    Rev.2は搭載EEPROMに書き込みされています。プログラムから読み込むことでご利用いただけます。
    (MACアドレスは、00h~05h(70:B3:D5:1F:xx:xx)が書き込まれており、08h~0Dhにも同じ値が書き込まれています。)
MACアドレスの記載位置(貼り付け位置Rev.1/2共通)
(注:写真のMACアドレスはご使用になれません。)

内容物

  • W5500 Eth 本体 1台
  • MACアドレス 1ノード(Rev.2より搭載EEPROMに書き込み済み)

資料

販売

  • Rev.2

小ロット販売は、以下のボタンから、STORESの直販サイトへでご購入下さい。

掛け取引、計画使用、大ロット等のご希望の方は、お問合せフォームよりご連絡下さい。

  • Rev.1

2021年2月現在、試作ロット(ES品)を代理店経由にて提供中。ご興味をお持ちの方は、お問合せフォームよりご連絡下さい。
2021年5月現在、最終ロット生産完了。在庫分の少数を個別販売・貸出を行っています。

付記

本文中に記載されているSpresenseは、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社の商標または登録商標です。
その他、記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。